So-net無料ブログ作成

マイナス金利制作 預ければ損をする [経済]

   マイナス金利制作とは? 預ければ損するの!

日本銀行は2016年1月29日に金融緩和策として、マイナス金利を来月の2月16日

から導入すると発表しました。日本では史上初となるこの政策は、日銀と民間銀行との取

引のはなしで、個人が銀行に預けている預金の金利がマイナスになってしまうという発表

ではありませんので安心して下さい。

日銀01.jpg

  マイナス金利とは?

マイナス金利とはどういう政策なのかと言いますと、通常民間の銀行が日銀にお金を預け

るとすると、当然、預けるわけですからわプラスの金利となり、僅かながらでも少しお金

が増えます。しかし、このマイナス金利政策というのは、預けたお金がマイナス金利によ

り預ければ預けるほど、日銀にお金を払うことになるので日銀にお金を預けておくと損を

するのです。

日銀02.jpg

  マイナス金利のねらいは?

民間銀行は日銀にお金を預けるより国債を購入したり、積極的に貸付したりするので社会

のお金の量が増え景気が良くなることがねらいのようです。

  これまでも実質ゼロ金利でした

これまでも日銀は1999年2月の金融政策決定会合で短期金利(無担保コールレート翌

日物金利)を0.15%前後に誘導することを決定し、翌2000年8月まで実質ゼロ金

利が続きました。また、2001年3月から2008年3月までの間、量的緩和政策によ

る実質的なゼロ金利状態が続いた後、政策金利をおおむね0%に誘導するゼロ金利政策に

移行しており、限りなく0%に近い実質ゼロ政策金利でした。

  景気よ良くなれ!

世界中でも類を見ないこの制作は保守的な日銀にしては、思い切った景気対策ではないでしょうか


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

エゴマ油 効能 肌と冷え性 [健康]

エゴマ油 効能 肌と冷え性

エゴマ油はゴマ科ではなく、シソ化の植物でその種子から採れるのがエゴマ油です。

シソに良く似た葉をつけるという特徴があり、別名シソ油と呼ばれることもあります。

体内では作れない必須脂肪酸のα-リノレン酸です。α-リノレン酸は、多価不飽和脂肪酸

を多く含んでいることから美肌や健康を維持する効果を持つ健康食材として注目されています。

 エゴマ油01.jpg

サラサラ血液が傷んだ肌を蘇らせる!

若々しく美しい肌を保つためのポイントは、栄養と酸素そして老廃物をキレイに排出するこ

とが大切になり、老廃物の回収はうまくできず、肌トラブルや、疲れ、だるさなどの不調

を招くようになります。これらを運んだり排出する役割を持つのが血液で、α-リノレン酸が

血液をサラサラな状態にするのでくすみやニキビなどの肌トラブルが無くなり、常に若々しい

肌をキープできるようになるのです。

エゴマ油02.jpg

代謝アップで冷え症防止

代謝をアップさせる効果が高く血液循環がよくなるため、冷え症防止に役立ちます。さらにダ

イエット効果でくすみやシワたるみなどの、老化肌予防のアンチエイジング効果も得ることが

できます。コレステロールや中性脂肪の低下、高血圧症や動脈硬化などを予防、アレルギー抑

制などの作用を持っています。

エゴマ油03.jpg

エゴマ油の摂取量と扱い方

エゴマ油は、1日プーン1杯ほどが理想の摂取量です。一度にまとめて摂るのではなく、毎日少

しずつ欠かさず摂ることが、効果的に若返り美容&健康な体を得られる最大のポイントになり

ます。

また、エゴマ油は酸素に触れると酸化しやすく、加熱すると成分が壊れてしまいますので

サラダなどにかけるなどの、そのままで食べる工夫をして摂取しましょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

こんなに凄かった江戸時代 [明治維新]

江戸時代の日本は閉鎖的で国際社会から大きく後れをとっていた
というイメージがありますが、意外とそうではないことが最近分か
ってきました。

 江戸01.jpg
 まず欧州の外国人達を驚かせたのが、江戸の町中に行き届いた上
下水道です。いくつもの水源から水道管が引かれ、下水溝まで完備
していました。
当時の花の都パリでさえ汚水は窓から道路にぶちまかれていたらし
いから、今からすると信じ難い習慣です。
中世、欧州ではコレラやペストが何度も流行っていましたが、日本
ではほとんど伝染病の記録は残っていないのもうなずけます。


江戸時代04.jpg 

江戸時代05.Jpg

さらにリサイクルの面でも進んでいました。
生ごみは汚水と同じく回収され肥料として再利用され、紙はこの時
代すでに古紙回収業者がいました。
道端に落ちる紙屑を拾うのえを生業にする者もいたので町はきれい
でした。
ほかに、贈答品を使い回す「献残屋」ロウソクが溶けて流れたもの
を買い取る「流れ買い屋」独身の男性むけとしての「貸しふんどし
屋」まであったから面白いですね。


江戸時代03.jpg 

そして職人たちの精巧な技術力は当時の世界でもトップレベルで
しょう。
木工や陶器、織工職人の精巧な技術は外国人を驚かせました。特に
すでに時計職人までいたのです。
欧州では産業革命が起こり外国人たちはその技術を日本に来持ち込
んでいますが、蒸気の力や様々な機械は当時の職人たちに模倣、吸
収されて、明治時代の後半では独自に工業製品を生産できるように
なっていました。

江戸時代02.jpg


 明治維新政府が、江戸時代は「進歩がない時代」と強く印象ずけ
ましたが、それは江戸幕府の官僚機構の話で庶民の生活は当時トップ
クラスと言っていのではないでしょうか。

 画像提供https://www.google.co.jp


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます